UGGはムートンブーツの元祖

オーストラリアを代表するシープスキンブーツブランド「UGG」。【UGG AUSTRALIA(アグ オーストラリア)】はサーファーのブライアン・スミス氏が、オーストラリアとニュージーランドのビーチで職人たちが縫っていた「シープスキン」をアメリカに持ち込んだのが始まりなんだそうですね。

 

 

ニューヨークの街頭で販売したときは、さほど評判にならなかったそう。でもその後、カリフォルニアにサーフに出かけた際、似たようなシープスキンブーツを履いているサーファーたちがいるのを見て、「やっぱりアレ、売れるはず」と確信して販売を始めたとか。今ではサーファーだけでなく、様々な人々が認めるシープスキンフットウエアの世界的なリーディングブランドになっちゃいましたね。

 

そもそもUGGとは高品質な羊の毛皮を使ったブーツ全体を指す総称で、「アグ」と読みます。抜群の通気性と保温性、そして履き心地の良さを備えており、見た目の可愛らしさも相まって、大人気アイテムに。特にリンジー・ローハンやパリス・ヒルトンなどの海外セレブが注目してからは、入手困難なアイテムになっています。

 

UGGのブーツの履き心地と口コミ

チェスナットを買いました\(^o^)/ デニムでもミニスカでも合わせやすいし、温かくてサイコーに気に入ってます(*^_^*)

温かいし、軽くてイイ!ただ、サイズが海外表示で、23.5cmだとUS6かUS7か悩みました。結局7にしましたが正解。インソールのボアのせいなのか、ふくらはぎがかなりタイトです。買うときはその点に気をつけた方がいいと思います。